Skip to content

会員コラム 「教化活動雑感」

神社の神職としての使命の一つに「教化」活動がある。

神職養成機関でも「教化活動」として一単元があり、毎回、講義の度に全国の神社で実際に行われた教化事例について、その新聞記事のコピーが配布されていた。それは各神社、あるいは各地域の風習・慣習を踏まえた昔からの習俗的なものや、当該神社の宮司や町おこしの企画と相乗りしたものなど様々であった。

しかし、学校での授業とは概してその場限りであり、在学中には試験勉強に備えてファイリングしたものの、現在はそのファイルの在り処さえ、既に忘却の彼方である。

 

さて、いささか長文ではあるが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、次のように書かれる。

「教化」とは、特定の政治・宗教の価値観を、学習する立場の者に、盲目的に内面化させることを指す。左右を問わず、全体主義体制にある国では、教化が行なわれる。

洗脳と紙一重である。

キリスト教やイスラム教などの世界宗教は、その勢力拡大の中で異教徒に対して強制的な改宗を強いることがあった。また、大航海時代、ヨーロッパ列強は、アジアやアフリカ、南北アメリカにおいて、しばしば大量虐殺・強姦や文物の破壊と共に、先住民に対してキリスト教とともにヨーロッパの価値観を教化していった。

戦前・戦中に教育を受けた日本人は、皇国史観を教化されていた。シベリア抑留された日本兵は、スターリンにより共産主義に教化され、赤化日本人を生み出した。朝鮮戦争時、中国軍に捕虜とされた米兵も共産主義に教化され、多くの米兵が共産主義者宣言を出した。北朝鮮による拉致事件の被害者も、北朝鮮に到着後、直ちに主体思想を教化された。

また、生まれた家庭がある宗教の熱心な信者であった場合、親により教化がなされる。その宗教に基づく通過儀礼が行なわれ、その宗教の少年部に加入させられ、成人後に熱心な信者になることが期待される。関連項目・洗脳・同化政策と記されている。

そもそも「教化」とは何かしら上から目線的な感じがして、正直、あまり好きにはなれない言葉ではある。また、このウィキペディアの説明もいささかイデオロギー色が感じられる。

さて、神宮大麻の増頒布について神社本庁でもさまざまな教化資料が本宗奉賛部や教化部広報課、神社新報社などで作成され、広く配布がされている。

ある時、本庁役員会から自席に戻った部長から広報資料の字句の訂正があった。それは、神宮大麻について氏子崇敬者の方々に意義を伝えるべく文中には「啓蒙活動」と記載がされていた点であった。時の岡本総長より「『啓蒙』という意味を辞書で調べ直しなさい。これからは「啓発」とするのが良いのではないか」との下命とのことであった。(あえてここでは「啓蒙」についての説明は記さない。是非、検索を戴き、その意図するところをお考えいただきたい。)

冒頭、「教化」は神職としての「使命」と記した。実際、社家の出身ではない私自身が神職としての喜びを感じるのは氏子崇敬者の思いを伝える仲執り持ちとして祭祇を行うことと共に、鎮守の杜での何気ない「教化活動」により参拝者の笑顔を見る時である。

教化活動の方途は様々である。ポスター、チラシ、CM、冊子・・・・・。しかし、名作家が美辞麗句を並べたて、有名写真家が撮った写真を用い、膨大な費用を掛けて作成された紙の資料も時には大事ではある。しかし、実際に手に取ってもらわないことには意味がない。

私が神職を志して以来、常々、自分が心がける教化活動は、紙資料を単にやみくもに配布するのではなく、何気ない会話や子供の頭を撫でることと思って実践に努めている。

(副会長 嶽 徹)

ページトップへ
TAGS: No tags

平成25年度 神道青年全国協議会中央研修会に参加して

3月6日、7日の2日間、北海道の札幌にて「国土と国体を守る」のテーマのもとに平成25年度神道青年全国協議会中央研修会が開催され、全国各地より約450人の青年神職が集まり知識の向上に励んだ。

…続きを読む ≫
ページトップへ
TAGS: No tags

2/27神宮における研修会に参加して- 古殿地拝観に感動 -

言うまでもなく、神宮においては、昨年、最も大切な祭りである20年に一度の「神宮式年遷宮」を迎えられ、10月2日に内宮、同5日に外宮で「遷御の儀」が行われました。

そして、内宮の「遷御の儀」には、当会々長が奉仕をされ、また同郷出身である神宮出仕の山田倫嗣君(級長戸辺神社社家)と、同じく出仕の平尾旨穏君(日枝神社社家)は、両宮に奉仕をされました。

本研修会には、会員8人で両宮新宮での御垣内特別参拝と、古殿地拝観をさせていただいただけでなく、大変有り難いご配慮で、神宮神道青年会の会員の方々からの解説を頂き、また山田倫嗣君よりは、この度の「遷宮を奉仕されて」をテーマにご講話いただき、本当に貴重な経験をさせていただきました。

…続きを読む ≫
ページトップへ
TAGS: No tags

霜月一六会 テーブルマナー研修会を開催

11月29日、ホテルグランテラス富山にて、霜月一六会テーブルマナー講習会が開催された。

開会に先立ち、この度、当会々員である髙尾哲史君のご逝去の報に接したことを受け、会員一同、つつしみて御霊の安らかなることを祈り、黙祷を捧げました。

講師はホテルグランテラス富山の湯上様に依頼し、内容としては、食事の食べ方、ナイフ・フォークの使い方はもとより、椅子の座り方・立ち方やテーブルマナーの歴史についても教えていただいた。

食事が始まり、先ず前菜が運ばれてきたところで先生が「自由に食べてみてください」と言われたが、全員が疑心暗鬼に陥り、なかなか食べることができなかった。

そんな中で、最初に思い切って食べ始めた二宮委員長はさすがだなと思った。

お酒を飲みながらの会であったため、緊張がすぐに解け、皆失敗を恐れなくなったことで、先生にどんな質問でも気軽にできるようになったので、先生も冗談を織り交ぜながらも丁寧に説明をしてくださった。

最後に、嶽副会長が遅刻してくださったので、遅刻したときにどうなるかということも大変勉強になった。

これからは、大事な食事の際は今回学んだことを生かしていけるようにしたい。

(野上裕樹)

霜月一六会 テーブルマナー研修会を開催 霜月一六会 テーブルマナー研修会を開催

霜月一六会 テーブルマナー研修会を開催

講師をおつとめいただいた湯上先生

霜月一六会 テーブルマナー研修会を開催
霜月一六会 テーブルマナー研修会を開催

遅れてこられた嶽副会長を指導する二宮委員長

ページトップへ
TAGS: No tags

9/11 教養研修会を開催

先日 9月11日 富山県神道青年会教養研修会が豊栄稲荷神社と富山市民俗民芸村内にて開催致しました。

今年は、富山の文化「七夕・天神さま」をテーマに開催致しました。

第一講、二講は豊栄稲荷神社で、三講、四講は富山市民俗民芸村内にて行いました。

開催にあたり先ず、豊栄稲荷神社にて正式参拝、その後五十嵐顕房宮司さんより神社の御由緒等のお話をしていただきました。

第一講では、「入善町舟見の七夕祭り」を藤保内神社高邑吉房宮司さんにご講義頂きました。

七夕は県内各所で行われておりますが、こちらの地域では神社にて神事を行ってから七夕祭りが始まる大変珍しい地域で宮司さんには、神社の由緒、七夕の起源、そしてここまで広まった理由など様々な観点からご講義頂きました。

第二講では、藤保内神社の元総代戸出和男先生に舟見の七夕祭りで飾られている七夕飾りについて説明をうけ、実際に作ってみました。

今回作ったのは吹流しで、簡単につくれるのかなと思っていたのですが意外と手の込んだ作りになっていて、会員はそれぞれ思い思いの飾り付けをしており童心に返った気持ちでした。舟見ではこの飾り付けを約一年かけて作るそうで、早い人では7月7日が終わったらすぐ作り始めるそうです。

第三講は、会場を富山市民俗民芸村に移し、篁牛人記念美術館の布村徹館長さんに「富山の天神はん」と題し、富山に天神様が根付いた背景、天神とは何かをご講義頂きました。我々は天神様と聞くと学問の神様であると思いますが、本来は雷を起こし、稲を実らせる農耕の神であると。それが米作りの盛んな富山で受け入れられた一つの要因ではなかろうかと先生はおっしゃられていました。

また、神様を知る上で古事記を紐解くことが大変重要であり、古事記の内容が事実か否かではなく古事記が我々に何を伝えたいのかを理解することが神様を知ることに繋がるとおっしゃられました。

第四講は、民族民芸村内にあります土人形工房にて、とやま土人形伝承会(会長針山裕子)の皆様のご指導の下天神様の絵付け体験をさせて頂きました。 普段は干支人形、雛人形などかぎられたものしか体験できず、今回は特別に牛乗り天神様の烏帽子、しゃく、牛の絵付けを体験できることになりました。 会員は久しぶりに持つ絵筆に四苦八苦しながらオリジナルの天神様を完成させました。

今回は普段我々が知っているようで知らなかった身近な文化を改めて再認識できた研修であったと思います。

中々勉強する機会がありませんが、この研修を契機に富山の文化について調べて行きたいです。

(林 貞文)

9/11 教養研修会を開催

豊栄稲荷神社 正式参拝

9/11 教養研修会を開催

研修風景

9/11 教養研修会を開催

研修風景2

9/11 教養研修会を開催

研修風景3

9/11 教養研修会を開催

豊栄稲荷神社にて

9/11 教養研修会を開催

研修、体験を終え

ページトップへ
TAGS: No tags

「東日本大震災」福島県双葉郡浪江町本務神社復興支援活動に参加して

 9月4日・5日に神道青年全国協議会主催で行われた復興支援活動には全国より65名の青年神職が集いました。

 福島県の浪江町は、東日本大震災による原発問題で、これまで立ち入りが禁じられてきましたが、本年の4月1日に避難指示解除準備区域となり、ほんの一部ではありますが、立ち入りが許されることとなりました。

…続きを読む ≫
ページトップへ
TAGS: No tags

長谷川宏幸君を励ます会

9月1日(日)午後7時より、松尾会長の奉務神社である八坂神社(富山市黒崎鎮座)に於いて、北陸神道青年協議会々長、そして当会監事である「長谷川宏幸君を励ます会」を開催いたしました。

…続きを読む ≫

ページトップへ
TAGS: No tags

「会員コラム」開設記念特別号『八坂神社に伝わる蜷川の昔話と蜷川氏』第3章(最終章)松尾樹 会長

第3章『その後の蜷川氏』   ①越中国新川郡蜷川荘より興った蜷川氏の子孫たち

・二代親綱は一族の菩提寺として最勝寺(富山市蜷川、現在の寺は蜷川氏の居宅跡)を建立した(建久9年 1198年)。その後、三代、四代、五代は蜷川家の記録には名のみ伝わって事蹟が詳しく書かれていない。既に宮道氏伝来の丹波に移り六代親朝の頃に足利氏に仕えて栄える基盤が早くからその地で出来上がっていたのか?

・蜷川親朝は足利尊氏に仕えて丹波に蜷川城を構え一族が足利氏及びその重臣伊勢氏との婚姻関係を結び深く幕府内に勢力を扶植した。蜷川氏は足利時代の初め、三家系に別れた。

・蜷川親朝の子親章は越中を受け継ぎ、越中に城を構え、宮道氏以来の地、すなわち新川郡では蜷川荘のほか太田荘、布施(魚津)、堀江荘(滑川)、砺波郡では蓮沼、石動の掌握に努めた。

・蜷川親章の兄弟の親俊はこれも宮道氏以来の地、丹波を継承し蟠根寺を建てて祖先を祀り、蜷川城を護持し貞繁へ引き渡した。以来丹波はこの子孫の栄えるところとなり、六代後の蜷川貞房が明智光秀に味方して天王山、山崎の戦いに敗れるまで居城する。

・蜷川貞繁の弟、親当は才知人に優れ、室町幕府の政所代という役職につき、何代も世襲し一族繁栄の中心とした。ちなみに蜷川親当は通称を新右衛門といい、テレビアニメ一休さんで登場する「しんえもんさ~ん」こと、蜷川新右衛門のモデルが「蜷川新右衛門尉親当」になる。実際、一休禅師との交友があり、このことがモデルとなった。また、文学史上でも連歌「智蘊(ちうん)」の俳号で名高い。

…続きを読む ≫
ページトップへ
TAGS: No tags