Skip to content

‘懇親’ のタグ

葉月一六会

葉月一六会 懇親 一六会 今月の一六会は会員相互の親睦を深める為、24日午後7時よりクロスランドおやべパターゴルフ場(小矢部市)にて、パターゴルフを行いました。参加者は10名でした。
暦では処暑(しょしょ)を過ぎ、暑さも和らぐ頃ですがまだまだ蒸し暑く、それに加え白熱したプレーで大粒の汗を流していました。

…続きを読む ≫
ページトップへ

皐月一六会

5月25日(金)、皐月一六会が開催されました。

皐月一六会 懇親 一六会 今回は勉強会ではなくレクリエーションという事で、射水市大島町のヨシダ体育館でバドミントン大会を行いました。
参加は8名とやや少なめでしたが、「神主最強バドミントンプレーヤー」の称号を得ると心に誓ったメンバーが集結!!試合はトーナメント戦の11点2セット先取で行われ、各人くじ引きで決まった対戦相手と熱い戦いを繰り広げました。

…続きを読む ≫
ページトップへ

卯月一六会

4月20日(金)、日南市じとっこ組合富山店にて「卯月一六会」が開催され、普段は一般の仕事をしている兼職会員との親睦会を行った。

卯月一六会 懇親 一六会 卯月一六会 懇親 一六会

懇親会では、神職以外の仕事の話など聞く事も出来、実りある親睦会であった。
二次会のカラオケでは、会員それぞれが自慢の喉を披露した。(大峯宜之)

ページトップへ

監事さんお疲れ様会

監事さんお疲れ様会 懇親 3月29日(木)午後6時より、富山県縣護國神社にて第11回役員会が行われ、終了後は富山市総曲輪の「TRASH~トラッシュ~」に移動し、「栂野高広、武内巌監事さんお疲れ様会」が開催されました。 今役員会は平成23年度最後の役員会、そして総会(4月4日開催)直前の会議という事もあり、今年度の反省や次年度への活動計画等、入念に話し合いました。
会議後は「TRASH~トラッシュ~」に移動し、栂野、武内両監事と役員全員の慰労会(反省会?)を行い、次年度に向け決意を新たにしました。(長谷川宏幸)

ページトップへ
TAGS:

忘年会

12月1日(木)午後7時より「いこいの村磯波風(富山市婦中町細谷)」にて忘年会が開催されました。

忘年会 懇親 忘年会 懇親

はじめに浦会長が挨拶され、今年の活動の事、東日本大震災の事、そして復興支援活動の事について話がありました。その話を聞きながら私は、今ここで私達が暖かい部屋で食事をいただけるのは本当にありがたい事だと感じました。そして、その思いは忘年会に参加したみんなが感じた事であり、震災当初より浦会長を先頭に東北の地で復興支援をさせていただいたからこそ感じた思いであります。

来年も私達がやらなければならない事はたくさんあります。目前にある初詣、そして来年の活動に向け、大いに盛り上がりました。(長谷川宏幸)

忘年会 懇親

ページトップへ
TAGS:

暑気祓い~しょきばらい~

8月27日(土)午後6時から、当会の恒例行事となっております「暑気祓い」を行いました。なお「暑気祓い」とは読んで字のごとく、「パァーッとお酒でも飲んで暑さを吹き飛ばそう!」って事なのです(たぶん・・・)。ですが当日の気温は27度とあまり暑くない日となり、やや物足りなさがありました。

暑気祓い~しょきばらい~ 懇親 七夕 暑気祓い~しょきばらい~ 懇親 七夕

…続きを読む ≫
ページトップへ
TAGS: ,

福島県神社庁いわき支部との交流会

去る8月8日(月)~10日(水)の日程で、富山県神社庁高岡新湊支部、砺波支部、氷見支部の共催により、「福島県神社庁いわき支部との交流会」が開催され、福島県から園児・小学生33名を含む、52名の方々が富山県を訪れました。

福島県神社庁いわき支部との交流会 震災復興支援 懇親 滞在期間中、当会では9日(火)の夕刻、氷見海岸での花火大会の助勢を行い、子供達とともに楽しみました。 この度の開催趣旨は、「福島県神社庁いわき支部管内の神職家庭、並びに氏子子弟を富山県に招き、自由に伸び伸びと富山県の自然に触れ、ひと夏の楽しい思い出を作ってもらう」とともに、「被災状況を直接伺う事により、今後の復興支援活動はどうあれば良いかを考える機会とする」事にあります。

福島県神社庁いわき支部との交流会 震災復興支援 懇親 福島県神社庁いわき支部との交流会 震災復興支援 懇親

~期間中の日程の概略~

  • 8日(月)午後、高瀬神社正式参拝・交流会。利賀村の施設にて宿泊。
  • 9日(火)利賀村にてそば打ち体験並びに昼食。射水神社正式参拝、子供達は高岡古城公園内の動物園を観覧。交流会として福島県の被災状況について紹介を戴き、その後、氷見の民宿にて宿泊し花火大会。
  • 10日(水)氷見の海岸にてラジオ体操が行われ、浦会長も参加。朝食後、各家族で海水浴を楽しみ帰路に着きました。

福島県神社庁いわき支部との交流会 震災復興支援 懇親 心配された熱中症はもとより、怪我1つなく3日間の行程を無事に終える事が出来ました。 東日本大震災以来、原発事故によって福島県内では屋外で遊ぶ事が出来ない子供達は、川遊びや戸外で汗をかきながら元気に走り回り、富山県神道青年会としても、〝ひと夏の思い出作り〟のお手伝いが出来たものと思っております。 また、この度の助勢活動は、被災地での現場作業とともに、今後も長期的に復興支援活動を展開する上で参考となる有益なものでした。

しかしながら帰り際、「福島県へ帰ったら、放射能に怯えながらの現実に戻らなければいけない」と、保護者の言葉は胸に迫るものがあり、あどけない子供達の笑顔を見るにつけ、事態の早期終息を祈らずにはおられません。

(嶽徹)

福島県神社庁いわき支部との交流会 震災復興支援 懇親

ページトップへ

葉月一六会

去る8月8日、射水市の大島グラウンドにて「葉月一六会・親睦ソフトボール大会」が開催され、会員13名と富山縣護國神社、射水神社、髙瀨神社の巫女さん、そして可愛らしい子供達の計21名の参加であった。

まずは集まった会員からグラウンドの準備と、肩慣らしのキャッチボールを開始。当日は昼の気温が34℃まで上がり、グラウンドは暑さに包まれていた。

葉月一六会 懇親 一六会 葉月一六会 懇親 一六会

試合は浦会長チームと栂野監事チームに振り分けられプレーボール。両チームとも汗をかきながら珍プレー好プレー。更に巫女さんに良いところを見せようとハッスルプレー。結果は15対7で栂野監事チームの勝利となった。

一同整列して負けチームのお約束の土下座。偶然にも負けチームには当会の執行部が揃って・・・。最後に「MVP賞」と「おもしろかったで賞」が発表され、賞品が手渡され終了。試合後には親子野球教室も開催された。

葉月一六会 懇親 一六会 葉月一六会 懇親 一六会

富山県神道青年会の親睦と日頃の運動不足解消を目的として行われたソフトボール大会。目的は達成されたが、次の日には筋肉痛で苦しむ参加者も少なくなかったのではなかろうか。筆者は今週末まで筋肉痛・・・。

(轡田雅彦)

ページトップへ